法律記事の執筆・監修に関する当事務所のポリシー

法律記事は、弁護士のみならず、司法書士・行政書士や法律系の学部・院を卒業・修了された方など、多様な方が執筆していらっしゃいます。

その中で当事務所は、弁護士としての高い専門性を活かしつつ、以下の各点に留意し、より正確かつわかりやすい知識・情報を、閲覧者の方にお届けできるよう努めて参ります。

各種メディアご担当者の方は、ぜひ当事務所の弁護士へ法律記事の執筆・監修をご依頼ください。

ゆら総合法律事務所

弁護士 阿部 由羅

①条文に依拠した検証可能な論述

法令名称・条文番号をこまめに引用することで、閲覧者の方が論述の正確性を検証できるように配慮し、信頼性の高い記事の執筆に努めます。

②裁判例原文・政府公表資料等に依拠した正確性の高い論述

裁判例原文や政府公表資料など、信頼性の高い資料を丁寧に分析し、誤りや曖昧な点が混入しない正確な記事の執筆に努めます。

③実務のスタンダードを踏まえた実践的な解説

法令上の規定のみならず、裁判実務・弁護士実務を踏まえた解説を行い、より実用的で奥行きのある記事の執筆に努めます。

④対象読者(ペルソナ)を意識したテーマ・密度による解説

閲覧者の検索意図や、知りたい情報の範囲・量・深さなどを十分に踏まえたうえで、閲覧者の問題解決に役立つ記事の執筆に努めます。

⑤メディアポリシーへの高い順応性

メディアごとに異なる読者層を意識したうえで、記事の質を確保しつつメディアポリシーへ柔軟に対応し、メディア全体の発展に貢献いたします。